茶くまを消す方法は?~こすり過ぎ色素沈着の場合

茶クマを消す方法…

実はありません!

「消す」という作業ができないんです。

正確に言うと、茶色いのを肌から追い出す、吐き出すというのが正解。その結果、茶クマが消えるというわけです。

茶クマを消す方法というのは存在せず、美容外科であっても追い出す施術しかないんですよ。

茶クマを消す正しい方法って何だ!?

茶クマを肌から追い出す方法は?

茶クマは、主にメラニンが作られすぎて沈着したものです。つまりシミと同じ。

だから基本的には、茶クマとシミを消す方法は全く同じです。でも、目の下にできることから、頬にできるシミより遥かに消すのが困難です。

でも、追い出すことは、むしろ目の下の茶クマのほうがやりやすいんです。

その理由は、茶クマ原因の多くが、シミの原因となる紫外線ではないからです。

美白化粧品で消すのは無理

シミを消すなら美白化粧品じゃない?

残念!

美白化粧品のTVCMや雑誌広告に小さな字で書かれていませんか?

美白とは、メラニンの生成を抑えてシミができるのを防ぐ…とかなんとか。

どこにもシミを「消す」効果があるとは書いてないんです。

美白化粧品は、あくまで余計なメラニンが作られるのを邪魔するもので、今ある茶色い元は追い出して消すしかありません。

茶クマのメラニンを追い出す努力はできない?

なにをどうやって茶クマを肌から追い出すの?マッサージ?

茶クマは、目の下にだけ過剰にメラニンが作られて留まっている状態です。

茶クマ、茶クマと言いますが、結局は目の下だけ日焼けしたような状態なだけ。だから、子どものときに真っ黒に日焼けしたときの話を思い出せば、茶クマを追い出す方法がイメージできますよ。

子どもの頃、夏休み中に男女問わずに真っ黒になる子が増えます。でも、冬になる前にみんな元の肌色に戻っています。しかもシミにならずに。

なぜかというと、余計に作られたメラニンが全て、垢となり排出されたからです。

つまり、茶クマを追い出す方法というのは、メラニンを垢として剥がしてしまうことなんです。

そして考えてほしいのは、子どもの頃に日焼けを早く元に戻すために何かしましたか?何にもしていませんよね?それと同じで、茶クマを消すために、メラニンを早く追い出すための積極的な方法なんてないんです。

茶クマを消したいなら原因を止めろ!これなくして無理!

やることないじゃん!茶クマを消す方法を聞きに来たのに…

ちょっと考えてほしいのですが、茶クマはシミと同じだと言いましたが、そもそもなぜ目の下だけなんでしょうか?目の下だけ紫外線がガンガン当たるわけもないですよね。

さらにもう1つ。

茶クマは男性より女性の方が圧倒的に多いです。

この2つから導かれるのは、紫外線以外の原因が、特に女性に起きているということ。

メラニン増加は紫外線だけじゃない

私、普段サングラスしたりUVカットには気をつけている!なのに茶クマが…

そもそも目の下だけ日焼けするというのは不自然。では何が原因かというと、主に接触性刺激です。

つまり洗顔やクレンジング、そしてメイク、マッサージ、思わず掻いたりこすったりした際の圧力、摩擦です。

女性は洗顔やメイクなどで意識的に目の下をよく触れます。美容を意識するとなおさら。でも男性は目の下なんて全く気にしていません。だから女性に茶クマが多いのです。

馬鹿にできない接触性刺激によるメラニン増加

でも肌に触れたくらいでメラニンが増えるの?大げさじゃない?

イメージ的に接触性刺激でメラニンが増えるというのが想像しにくいですよね。

ただ、ペンだこだったり、靴ずれだったり、股ずれなどはどうでしょうか?寝たきり老人が床に着いている部分が黒くなるのもこれが一部原因。

典型的な女性の例として、化粧ブラシでチークを入念に両頬に叩き込む人は、かなりの確率で肝斑のようなぼんやりシミができています。それだけ毎日刺激を繰り返すと、痛くもない軽い刺激でもシミができるのです。

だから目の下のように女性が特に気にする部分は、より無意識に刺激を重ねてしまうため、いつの間にか茶クマができてしまうのです。

洗顔・クレンジングの大間違いをやめて!

う~ん。洗顔やクレンジング、ピーリングとかで茶クマを早く追い出せない?

洗顔もクレンジングもピーリングも、あくまで剥がれるべき角質を剥がすためのもので、その奥まで剥がすケアではありません。

真っ黒に日焼けした肌をゴシゴシこすっても色は元に戻りません。皮むけしかけていたらその分は薄くなりますが、目の下の皮膚は薄いからそんなことをしたら刺激MAXで腫れ上がりますよ。

クレンジングで綺麗になろうとしないで

クレンジングは肌に優しいもの、ということでミルクタイプが人気ですが、茶クマを消すためならオイルタイプのほうがある意味優秀です。

これはどちらのタイプが優れているとかではなく、ミルクタイプのほうが時間をかけやすいからです。マイルドなだけに。

しかし、時間がかかればかかるほど、接触性刺激は増えますし、肌の乾燥を招きます。

女性は肌に触れる行為全てで綺麗になろうとします。しかしクレンジングの役割はメイクを浮かせること。それ以上も以下もなく、余計な考えは茶クマに繋がります。

目の下ってそんなに汚れていませんよー!

洗顔も同じ。

肌に優しい洗顔料のほうが、結果的に目の下を触っている時間が増え、洗浄成分が肌を攻撃する時間も伸びます。

そもそも、目の下に汗腺、毛穴はほとんどなく、頬やおでこと違ってほとんど汚れがつきません。なので時間をかけて洗っても茶クマを濃くするだけの無駄な行為だったんです。

いち早く茶クマを消すためにやらないといけないこと

日焼けが戻るみたいに茶クマが消えないんだけど…なんで?

日焼けして黒くなっても時間が経てば白く戻ります。でも、それって子どものときの話。大人になると、シミが残ったりムラが出ますよね。

これは表皮細胞の代謝(ターンオーバー)が一部鈍っているからです。ターンオーバーは年齢を重ねていく度に遅くなり、さらに一部極端に遅くなる部分ができます。

そして目の下は、誰もがターンオーバーの遅れが生じやすい場所。だから茶クマは頑固で消えないんです。

目の下だけメラニンが沈着するは年齢のせいだけじゃない

私、まだシミだらけってわけじゃないし、目の下だけメラニンが残るのって納得いかないんだけど?

目の下にだけメラニンが残ってしまう理由は、一つは刺激が多いからメラニンが相変わらず作られすぎているため。

もう一つは、乾燥しているためです。

ターンオーバーは乾燥した肌では遅れます。乾燥肌になると肌が硬くなったようになるのは、古い角質が剥がれにくくなり堆積するからです。逆に肌水分量が豊富だと、肌の代謝は活発になり、奥にあった余分なメラニンも積極的に排出され茶クマが薄くなります。

目の周りって皮膚が薄くてすぐに乾燥しますよね。だから顔全体がシミだらけじゃない年齢でも、目の下だけは特別というわけです。

茶クマを消す秘訣!保湿は肌表面を濡らすのでは足りない

目の下たしかに乾燥している…保湿たっぷりすれば茶クマは早く消えるの?

世の中の保湿ケアというのは、肌表面を濡らして湿らせることです。

確かに肌が塗れていると乾燥を感じませんし悪化もしません。しかし水分が外気に触れっぱなしなので、1時間もまともに効果が続きません。

必要なのは角質層の奥からまんべんなく水分で満たすこと。

子どもの日焼けがすぐに元に戻るのは代謝(ターンオーバー)がいいからですが、同時に前提となる肌水分量が非常に高い!というのが理由です。

じゃあ子どもの肌が常に塗れているか?というと違いますよね。案外とサラサラしています。

では大人が目の下を保湿しまくって、その子どもの肌のようになれるかというと…無駄なケアに思えてきませんか?

茶クマを消す方法の全て!【効果大な美容外科編】

すぐに消したい!どうすれば?

レーザー治療の場合、メラニンを消失させるわけではありません。反応させて破壊し、ターンオーバーに乗せやすくして薄くします。

頬など皮膚が厚い部分なら強力なレーザーで一発処理も可能ですが、目の下の場合は数度回数をかけるのが普通。だから痛い思い、見た目がひどくなるというケースはありません。

思い切ってレーザー治療

一番効果が高いのはレーザーです。シミもレーザーならかなりきれいになりますよね。

目の下ということで怖いでしょうが、敏感な部分なので比較的弱めのレーザーを使います。日本人向けのライムライトやQスイッチYAGレーザーなどが使われます。

一度で赤くかさぶたができるような強力なレーザーではなく、何度か通うことで効果を発揮します。

青クマもあるのなら美容外科で脂肪注入

青クマもある場合、生まれつき目の下の皮膚が薄すぎる原因も。

こんな場合、茶クマ治療と併せて目の下に自分の脂肪を注入して見えにくくする治療もあります。

茶クマを消す方法の全て!【お手軽自然なスキンケア編】

美容外科はちょっと…自分で何とかできない?

万能ビタミンCで薄い目の下を支え目立たなくさせる

ビタミンCは定番の美容成分。コラーゲンをサポートすることでも有名です。

いくつも種類がありますが、特定のビタミンCが特に目の下に最適という研究結果が医学情報誌に掲載され話題に。

美白ケアで強力メラニンストップ

女性の場合、普段の接触性刺激が茶クマの元になっています。赤く炎症を起こした場合なんかは最悪です。

普段から増え続けるメラニンにストップをかけるため、美白化粧品を使って予防するのも効果的です。

一番強い成分はハイドロキノン。

ただ目の下には刺激となり逆効果となることも。使う場合はかなり慎重に徐々に徐々に使うべきでしょう。少なくとも、美容クリニックで出されるピュアなままのハイドロキノンではなく、リポソームカプセルで保護されたハイドロキノンのほうが安心で長時間留まってくれます。

ただ通常は美容皮膚科の指導の元で使うので、自分で試す場合はかなり慎重にしないと刺激となり逆効果になります。一度刺激を感じると、その後どうやっても刺激を感じることがあり使えなくなるケースもあります。

セラミドを増やして肌水分量アップ

茶クマを追い出すために必要不可欠なターンオーバーの維持。その条件が肌水分量でしたよね。

肌水分量はセラミド量で決まります。目の下は毎日の洗顔、クレンジングで簡単に不足して乾燥します。

ヒト型のセラミドを補って、角質層の保水性を維持するか、医薬部外品成分のライスパワーエキスNo.11を使いセラミドを増やすかです。
結局、色白で肌が綺麗な人というのは、肌水分量が高い人なんです。

さらに重要なのが、十分な質の高い睡眠とストレス軽減、適度な運動(代謝アップ+血流改善)です。年の割に本当に綺麗な女性で肌が乾燥している人なんていません。

寝不足やストレスはコントロールしにくいですが、セラミドケアなら簡単にできますよね。これをやらずしてレーザーなしで茶クマを消すというのは不可能と思っておいたほうがいいでしょう。

低予算で最大のケアなら

医学界も注目のビタミンC
北の快適工房 アイキララ

  • 1ヶ月2,000円台のアイクリーム
  • 薄い目の下を明るい印象に
  • 余計な成分がないから低コストで高効率
  • 全額返金保証で安心

医学情報誌でクマ検証がされた話題のアイクリーム。通常8,000円以上はするアイクリームが3分の1以下の価格です。

このアイクリームのコンセプトは、薄い目の下だからこそ嫌な色が目立つというもの。この薄さを支えきれていないコラーゲンに着目した目元用クリームです。

一般的なアイクリームはあれこれ美容成分を詰め込んで、こんな贅沢にすれば目元は綺麗になるよ!というよく分からない内容のものばかり。それでいて値段が高くて効果もないというのがほとんどですね。

その点アイキララは特定のビタミンC1本に絞った製品。だから誤魔化せない内容で、だからこそ医学情報誌にも掲載されるわけです。

うまく使えばいい結果もありうるハイドロキノン

ハイドロキノンは一般的な美白成分であるビタミンCやアルブチン、プラセンタなどよりかなり強い成分です。

その分刺激も受けやすい性質があるため、安易に目元に使うべきではありません。その刺激がまたメラニンを過剰に生み出してしまい逆効果に。紫外線に非常に弱いので夜かつ室内専用です。

もし少しでも刺激を感じたらストップ。我慢して使って効果が出るものではないので注意。

刺激リスク大幅カットの高品質コスメ
b.bglen Qusomeホワイトケア

  • 医薬品でも採用されている浸透技術リポソーム
  • クリニック処方よりマイルドに使えるハイドロキノン
  • 17時間保水の化粧水でターンオーバーもばっちり
  • 365日返金保証だから安心

一部ブランドで採用されるリポソーム技術。その中でも最も品質が高いとされているブランドです。

通常扱いにくいハイドロキノンをリポソームでマイルドに。試しづらかった人もこれなら使えるという声が多く上がっています。リポソーム化されているので、無駄に塗り込んだりするのは不要。乗せて馴染ませれば勝手に入っていきます。

トライアル同梱のピュアビタミンCもこのブランドだけの美容液。こちらも併用するとより明るい目元を目指せます。

目元に使いやすい集中美容液
アンプルール ラグジュアリーホワイト

  • 美白ハイドロキノンと言えば?の定番ブランド
  • 昼間も美白ケアできる2つの美容液
  • セラミドゲルクリームでターンオーバー維持
  • 多数の美容成分でトータルケア可能

知名度ではNo.1の家庭用ハイドロキノンブランド。紫外線に弱いハイドロキノン美容液を夜用に、昼間はアルブチンで24時間余分なメラニンを生み出しません。

仕上げのセラミドゲルクリームがあるのでターンオーバーケアも簡単。プラセンタや各種ビタミンなどかなりの美容成分を配合。暗い目元に対してだけでなく、顔全体の透明感アップに貢献してくれます。

  • プラセンタ美白で安心
  • 医療機関も注目のお墨付き
  • オールインワンジェルで接触性刺激80%カットで茶クマ予防
  • 顔全体のトーンを明るくして茶クマ印象改善

医学情報誌掲載の美白ジェル。オールインワンなので肌に触れる回数が大幅にカット。これだけでも茶クマ改善になります。

美白成分はハイドロキノンにはかなり劣るものの目元も安心のプラセンタです。確かに美白力は落ちますが、気にせずサッと時短でケアが済む点はプラス。目元は顔全体のあとに、さっと馴染ませるだけでO.K.です。

肌水分量の要「セラミド」ケアが高レベルでできる

メラニンを引き留める糖化のケアもできる
ディセンシア アヤナス

  • 目元に最適な敏感肌専門ブランド
  • 4倍の浸透性を誇るヒト型ナノセラミド
  • メラニン排出を邪魔する糖化を断ち切る
  • 自然で適度なハリ感を生み出す潤い+コラーゲンサポート

目元が痒くなったり赤くなりやすいのは、まさしくセラミド不足によるバリア機能低下。それが敏感肌の原因。アヤナスはそのセラミド不足を解消しつつ、刺激で衰えてしまった肌にもう一度ハリ感を呼び戻すケアが可能です。

同時に黄色っぽいくすみにも対応。糖化という老化反応で肌は黄ぐすみを起こし、メラニンの排出を邪魔します。アヤナスはこの点にも注目。30代以降に訪れる、以前は何ともなかったのに…という衰えをカバーしてくれる万能基礎化粧品です。

医薬部外品のセラミド増産
RAIZ Repair

  • 40代、50代の肌にもセラミド生産力を引き戻す
  • 世界に誇る国産スーパー成分で目の下に潤いが戻る
  • 表層ではなく内側で作用するからベタつかない
  • 乾燥・ハリ感・毛穴の全てがこれ1つでO.K.

セラミドを増やす作用がある薬用コスメ。ターンオーバーがどうしても衰え、メラニン排出が止まってしまう40代以降の人でも、もう一度明るい肌を取り戻せるチャンス。

肌に与えるだけでなく、ちゃんとセラミドを増やすから肌全体が活性化。失ってしまったハリ感や目立った毛穴も、高い水分感により印象が軽くなります。

茶クマ原因カット!黄色い元も落とすクレンジング

  • 肌にこびりつく黄色い肌ステイン対策
  • オイルタイプかつW洗顔不要で時短メイクオフ
  • 顔全体のトーンを一段階明るくし茶クマ印象を変える
  • 2ヶ月分1,800円で続けやすい、試しやすい

女性の茶クマ原因となるクレンジング。毛穴、メイク、汗汚れなど種類に応じた4種類のオイルですっきり、でも突っ張りません。

最大の特徴は肌ステイン除去。角質にこびりついて、茶クマ印象を濃くしてしまう肌ステインを切り離すオイルを配合。茶クマの印象を軽くし、顔全体の華やかさ、透明感もアップ。

クレンジングはメイクを落とすだけ…ではなく、唯一積極的な美容になるクレンジングです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る